「インプラントにする前のチェック事項」の記事一覧

担当の歯医者と十分ご相談の上

口の中の具合に加えて、他の部分の状態も加味して、担当の歯医者と十分ご相談の上、インプラント法を開始するようにしましょう。 審美歯科治療の現場において、このセラミックを使うケースには、例えばつぎ歯の付け替え等が使用法として・・・

インプラント治療を考えているなら、最も重要な

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。 最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフター・・・

現在、インプラントの人工歯根はチ

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。 骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結・・・

インプラント治療を始める前に治療費が気になるの

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。 保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。大まか・・・

インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全

インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。 例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これに対し・・・

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があ

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。 最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。 あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。三番目として、歯根にアタ・・・

代表的なインプラント適用のケースは、

代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。 ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。 インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直・・・

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。 ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわた・・・

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。 根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分で・・・

歯科医にインプラント治療をすすめ

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ