「インプラントの痛み」の記事一覧

長い治療期間を経てやっとインプラ

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。 せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。歯磨きにも正しい仕方があります。 歯科で指導し・・・

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。 なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。さて・・・

混同されることの多いインプラントと差し歯。何が

混同されることの多いインプラントと差し歯。 何が違うのでしょうか。 差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所が・・・

インプラントは無くなった歯を再生

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。 ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きなどの口内・・・

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラ

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。 毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠・・・

これはインプラントの痛み治療が最適、とされる

これはインプラントの痛み治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。 ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。 インプラントの痛みはあ・・・

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もし

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。 自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくては・・・

皆さんが気にしているインプラントの耐久

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっか・・・

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物の・・・

言うまでもなく、インプラントにすれ

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。 義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ