希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられ

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。
インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
大至急歯科医にかかってください。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ