せっかく完了したインプラント

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。
人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院することはめったにありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ