代表的なインプラント適用のケースは、

代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。
全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ