皆さんが気にしているインプラントの耐久

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。
これはインプラントの痛み治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントの痛みをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
これはインプラントの痛み治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。皆さんがインプラントの痛み治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。
この治療の費用は歯科医院ごとに大きく異なります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。
一般的なインプラントの痛み治療は、段階が大きく3つに分かれます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ